競売の種類

競売の種類として、担保不動産競売と強制競売にスポットをあてて、それぞれの違いについて紹介していきたいと思います。

競売の種類:担保不動産競売と強制競売の違いとは?

「競売とは」のページでも触れています通り、債務者が借り入れ先の金融機関に対する返済が困難となった場合、物件を裁判所による強制執行というカタチで売却し、その代金を債権の一部として回収するというのが競売の概略になります。

しかしながら、不動産物件の競売には、実は担保不動産競売と強制競売という種類があり、同じ競売でも厳密には異なる性質があります。

どちらも手持ちの不動産物件を強制的に売却されるという点は同じですが、その理由が微妙に異なります。それぞれについて、ご説明しましょう。

担保不動産競売とは

平たく言えば、住宅ローンの支払いが困難になった場合に執行される競売は、多くがこの担保不動産競売になります。

債権者が、債務者から抵当権を設定した不動産の権利者である場合、債権者は抵当権の行使として、対象の不動産の競売を裁判所に申し立てることができるというもの。

つまり、金融機関に住宅ローンを申し込む際に、その住宅そのものを担保としているケースには、この方式の競売にかけられるということになります。

強制競売とは

こちらは債務者の返済困難となった借金を、債務者(または保証人)が所有する不動産を強制的に売却することで債権に充当するというやり方になります。

適用されるケースは、住宅ローンに限らず、例えば事業目的の借入金が返済困難となった場合に、債務者の自宅を強制競売にかけることで、債務回収の手段とするといったケースが該当します。

あるいは、民事裁判などでの賠償金命令などに対して、賠償金が用立てられない場合の強制執行としても行われる場合があります。

担保不動産競売との一番の違いは、競売にかけられる物件に債権者が抵当権を有しているか否かです。

以上の通り、住宅ローンの滞納によって行われる競売は、まれに強制競売になるケースもありえますが、大半が担保不動産競売になります。

しかし、肝心な点は、住宅ローンの支払いが困難になった場合は、競売になるのを漫然と待つのではなく、自らの意思で解決に動くことが肝心です。