競売のデメリット

競売ならではのデメリットについて、代表的なポイントを取り上げ詳しく掘り下げてご紹介していきたいと思います。

知っておくべき競売のデメリットについて

まずは、逆説的なお話しになりますが、競売を選ぶメリットはないのかという点について。

ひとつあるとすれば、それは債務者が自発的に何もしなくても、事が進んでいくという点です。

一方、任意売却の場合は、専門家への依頼や各種の相談などを自発的に行う必要があります。しかし、誤解なさらないでください。

競売は任意売却に比べ、デメリットが多いのです。何もしなくても進んでいくというのは、ハッキリ言って、苦労の先延ばしに過ぎません。具体的に見ていきましょう。

競売のおもなデメリット

不動産業による転売目的での落札となるため、市価よりも安い価格で買われてしまいます。目安として、相場価格の5割から7割程度になるケースが多いようです。

上記のとおり競売価格での売却になるので、売れたとしても残債が多く残ります。また残債の返済の交渉なども不利になるケースが大半で、債務者自ら交渉する労力も必要になります。

売却価格から引越し費用などは一切出ません。次に住む物件も自分で探す必要があります。もしも明け渡しを拒否して居座り続けると、不法占拠とみなされ、強制退去を命ぜられます。

競売開始決定後にはその情報が裁判所で閲覧できるようになり、新聞やインターネットなどにも掲載されるため、ご近所や職場に知られてしまう可能性が高まります。また裁判所の執行官が物件を訪問し、入札予定者が聞き込みを行う目的で、近隣を訪問することもあります。

以上、ざっと挙げただけでも、競売にはこれだけのデメリットが存在しています。この他にも、精神的な苦痛や、お子さんがいじめや嫌がらせを受ける可能性などもあります。

全くもって、メリットは無いに等しいと言えます。

逆に、本サイトでも繰り返し述べています通り、任意売却には競売のデメリットをカバーできるメリットが多く、さらには専門家によるサポートも期待できるのです。

住宅ローンの支払いが困難になったら、選ぶべきは競売ではなく、任意売却なのです。