任意売却のメリット

住宅ローン滞納の際に行う、任意売却のメリット/デメリットについて、詳しく掘り下げながらご紹介していきたいと思います。

知っておくべき任意売却のメリットとデメリット

本サイトで繰り返し述べています通り、住宅ローンの支払いが困難になった場合、競売を待つのではなく、様々なメリットがある任意売却を行なうべきです。

ただし、任意売却にはデメリットや注意すべき点も存在しています。これらの点を事前にしっかり踏まえた上で事にのぞむべきです。

任意売却のメリット

持ち出し金は基本的に不要

不動産会社への仲介手数料や抵当権抹消費用、管理費・修繕積立金(マンションの場合)・固定資産税・住民税の滞納分などの費用が債権者より支払われるため、経済的負担が軽減。

より適正価格に近い価格で売却可能

物件の所有者・担保権者・買主の間で売買価格を交渉できるため、競売のように買い叩かれることなく、より市場価格に近い値段で売却できる余地があります。

引越し費用や当面の生活費なども捻出可能

競売の場合はこれらの費用は一切認められないのに対し、任意売却ならば債権者と交渉することによってこれらを捻出することもできます。

プライバシーの秘匿も可能

競売の場合、裁判所のホームページや業界紙などに情報が掲載され、当局による現地調査なども行われます。一方、任意売却の場合は当事者間でのみ交渉するのでプライバシーを守ることができます。

残った借金は分割返済も可能

債権者と債務者の交渉により、債務者の収入状況や生活状況を鑑みた、現実的な返済方法を選択できます。収入の差押えなどは、よほどでない限り行われません。

そのまま住み続けられる可能性(リースバック)

親兄弟や親戚、理解ある投資家などに買い取ってもらい、賃貸住宅として家賃を支払う形で住み続けるリースバック方式も可能。競売の場合は、ほぼ間違いなく強制退去となります。

専門家への依頼で、手続きの負担を軽減

各種調査、売却物件の査定、任意売却終了後に残るローンの債務の返済額・返済条件の交渉などを依頼でき、一般人には困難な手続きから開放されます。

任意売却のデメリット

債権者の同意が必要

金融機関の方針や債務者の不誠実な対応などで任意売却の申し出を拒絶されることも。滞納してしまうにしても誠意ある説明などをしておくべきです。

保証人の同意も必要

ローン滞納物件に連帯保証人などが付いている場合、保証人の同意が必要。同意を得られない、保証人が行方不明で見つからないといった場合も競売となってしまいます。

価格の折り合いがつかない場合

売買価格と債権者の求める金額に開きがあり、折り合いがつかない場合には、債権者が任意売却を許可しないケースも起こりえます。

業者の能力や不手際に関するリスク

業者の選択を誤ると、希望価格で売れない、時間切れで競売、取られなくても良い保証人の財産まで取られる、不要な自己破産をさせられるケースも。
業者選びの際は、実績や経験、親身さなどを慎重に判断すべきです。