競売との違い

任意売却と競売にはどのような違いがあるのかについて、それぞれの特徴を比較しながら詳しく掘り下げてご紹介していきたいと思います。

任意売却と競売、その根本的な違いとは?

本サイトのトップページでも触れています通り、任意売却と競売には大きな違いがあります。

もちろん、債務者が選択すべきは前者です。どちらも愛着ある自宅を断腸の思いで泣く泣く手放すという点には変わりありませんが、その内容には大きな違いがあるからです。その違いについて、より詳しく見ていきましょう。

物件の売却価格

裁判所による競売の場合、債務者の希望や意思は関係なく、市場価格の5~7割程度で買い叩かれてしまう場合がほとんどです。

一方、任意売却であれば、債務者、債権者、買主の話し合いにより価格が決定するため、市場価格に近い値段で売却できる期待が持てます。その結果として、返済に充当できる金額も任意売却の方が大きくなります。

引越し費用や当面の生活費などの捻出

競売の場合、基本的には物件の売却価格はすべて債権者にまわり、債務者は手元に資金を一切残すことができません。

任意売却ならば債権者との交渉により、引越し費用や当面の生活費などを債務者が確保できる余地が生まれます。

近所や職場などへのプライバシー

競売になれば、裁判所のホームページや業界紙などに、債務者の情報が掲載され、誰でも閲覧できるようになってしまいます。

また当局による現地調査なども行われます。近所や職場に知られる可能性は大。任意売却の場合は、当事者間での交渉の上で売却するので、第三者に情報が漏れることを防ぐことができます。

残った借金に関する交渉

競売の場合、残った借金をどうするかといった交渉の余地はなく、債務者は債権者の言われるままにするしかありません。

任意売却の場合は、債権者と債務者による話し合いによって債務者の収入状況や生活状況を十分考慮のうえ、現実的な返済方法となります。給与の差押えなどはよほどのことがない限りは行われません。

物件からの退去日交渉や、住み続けられる可能性

競売と任意売却で一番大きな違いはこの点です。競売の場合、物件の売却後は直ちに退去を命じられ、応じない場合は裁判所からの強制執行もあります。

任意売却の場合、退去日は事前に協議の上決定でき、例えばお子さんの学校卒業まで退去を猶予してもらうといった交渉も可能です。

さらに、任意売却であれば身内や理解ある投資家に買い取ってもらい、借家として家賃を払うことで物件に住み続けるという可能性もあります。

これを「リースバック」といいます。リースバックは任意売却の場合のみ可能性があり、競売の場合は不可能です。