競売との違いは?メリットの多い「任意売却」とは

本カテゴリーでは、競売との違いを比較検証しながら、任意売却のメリットや優位性について詳しく解説した内容を取りまとめてご紹介しています。

競売よりも任意売却を選ぶべき理由を徹底解説

端的に言ってしまいますと、競売とは住宅ローンを滞納してしまった際、金融機関からの督促などに何も行動を起こさず時間が経過した末に行われる、裁判所による物件売却の強制執行です。

一方、任意売却とは住宅ローンが払えない状況に陥ってしまった際に競売にかかるのを待つのではなく、債務者が自らの意思で物件を売りに出すということになります。

「どうせ家を手放さなければならないのに、自発的に何かする気になんてなれない」という気持ちは分かりますが、その考えは直ちに改めてください。

それこそ「競売」と「任意売却」には、それこそ月とスッポン位の大きな違いがあるからです。

例えば、競売では市場価格よりも低い値段で買い叩かれてしまうのに対し、任意売却ならばより市場価格に近い値段で売却することが可能です。その他にも様々なメリットがあります。

ただし、任意売却は債務者の一存では行えず、債権者や保証人の同意が必要なことや債務者個人ですべてを行うのは困難といった難点もあり、また任意売却を行なうには、様々なステップをひとつずつ踏んでいかなければなりません。

本カテゴリーではこれらの内容について個別ページを設け、それぞれ詳しく掘り下げて解説しています。

ご一読いただければ、競売でなく任意売却を選ぶべき理由がご理解いただけると存じます。どうぞ、お見逃しなきように。